english         deutsch         japanese

 

音楽作品

 

 

mother-of-pearl

 

アルバム "Endless Azure"では、一つ一つの曲を一つの絵画のように作りました。このアルバムでは、一つの曲がいくつかのシーンから出来た物語のように作られています。一つの曲で使用した楽器の数もかなり多くなりました。録音では、20トラック以上使用した曲もあります。

私はドイツとフランスの国境の町に住んでいます。国境線はあってないようなもので、ここでは、ドイツからフランスに朝食のためにバゲットを買いに行ったりすることが日常的なことになっています。
このアルバムは、ジャンルの境界線のない音楽です。お聴きになっていると、知らないうちにあるジャンルから他のジャンルへと移りわたっていきます。正に私の住んでいる町のようです…

マザーオブパール

リュートとウードの響きを抒情的ロック音楽で表現したシルクロードの旅をお楽しみください。

 

ご注文はこちらから

OFFICIAL STORE  official_store

amazon_music     apple_music     spotify

戻る

 

 

riad

特にウードの響きを楽しみたい方にはこれがお勧めです。
アコースティック・バージョンの "Mother of Pearl" に加え、過去のアルバムからウードの響きが楽しめる作品を集めました。

リヤドの中庭にて - ウード・コレクション

スペシャルエディション - ウードの作品を集めました。

 

ご注文はこちらから

OFFICIAL STORE  official_store

amazon_music     apple_music     spotify

戻る

 

 

 

dream

私のリュートでの演奏を特に気に入っていただいた方のために作りました。
アコースティック・バージョンの "Inori" に加え、過去のアルバムからリュートの響きが楽しめる作品を集めました。

 

夢のあと

スペシャルエディション - リュートの作品を集めました。

 

ご注文はこちらから

OFFICIAL STORE  official_store

amazon_music     apple_music     spotify

戻る

 

 

 

azure

16世紀のフランスの詩人、ポンチュス・ド・チヤールはリュート奏者、フランチェスコ・ダ・ミラノの演奏について次のように報告しています。(以下抜粋)
「…その魅惑的な技術と響で、彼は私達を優美な哀愁へと導いていった。ある者は頭をひじに乗せ、またある者は口を開き、目を半ば閉じて…弦に釘付けになっていた…聴覚以外のすべての感覚は奪われていた - あたかもその魅力的な響を聴くために私たちの魂がすべての感覚を捨てて耳に留まってしまったように…それは崇高な陶酔に浮遊させられたかのようであった。」

私は演奏の後で、多くの似通った感想をいただきます。「まったく別な世界にいるように感じました。」、 「たった今、私はバビロンの空中庭園にいました!」あるいは、「今本当にサハラ砂漠を見たんですよ。」など… 
こういったポジティブなフィードバックは、自分の音楽活動を続けていく勇気を与えてくれます。このアルバムのコンセプトもこのことを背景に生まれました。(続く)

詳細はこちらをクリックしてください。

遥かなる碧

自然やパワースポットの音楽による描写

詳細はこちらをクリックしてください。

 

ご注文はこちらから

OFFICIAL STORE  official_store

amazon_music     apple_music     spotify

戻る


 

 

reines

 

二人の女王たち

オリエントから中世、現代への旅

詳細はこちらをクリックしてください。

 

ご注文はこちらから

OFFICIAL STORE  official_store

amazon_music     apple_music     spotify

戻る


 

 

 

troubadour

アルバムのタイトル「The Troubadour and the Knight(吟遊詩人と騎士)」には、幾重にも意味が込められています。例えばこのアルバムのメイン楽器である、リュートとフラメンコギターのことを意味していますが、今回使用した作曲技法のことも意味しています。ここでは複数の対照的な作曲技法を組み合わせて使用ました - 例えば、モダンな突然の転調を18世紀の通奏低音の技法で行ったり、原初的なエネルギーにあふれたオクタトニック・スケール(八音音階)にリュートの伝統的な装飾音を使用したりなど… また、美と芸術に対する忠誠の意味もあります。ところで、中世の吟遊詩人は、実は貴族出身の騎士であることがよくありました…

吟遊詩人と騎士

フラメンコギターとリュートによるシンフォニック・ロック

 

ご注文はこちらから

OFFICIAL STORE  official_store

amazon_music     apple_music     spotify

戻る

 

 

 

 

ryujin

リュートはオリエントをその起源としています。シルクロードを通って日本には6世紀に伝わり、今日でも演奏されています。ヨーロッパには中世(12 世紀)になって伝えられ、最も愛される楽器となりました。18世紀にチェンバロにその座を譲るまで、6百年に渡りリュートは「楽器の女王」の名を欲しいま まにしました。今回の録音は、リュートと「今日」の出会い と言うことが出来るでしょう。(アルゼンチンタンゴ、チル・アウト、ロック、ワールド・ミュージックなどなど・・・)
Ryujin“(龍神)は、炎を噴出すヨーロッパの竜と違い、私たちを災難や災害から守ってくれ、また、酒をこよなく愛する守り神です。私の育った家の裏 には、今も龍神様を祀った小さな社があり、今も私の家族が守っています。私の祖母は神主の家の出身で、生前はよく龍神様にお伺いに行っていました。町の神 社の祭りのときには、いつもこの曲の「龍神太鼓」のメロディーが聴かれました。

龍神

リュートによる環境音楽、トリップ・ホップ

ご注文はこちらから

OFFICIAL STORE  official_store

戻る

 

fairy_tale

おとぎの森(ビデオ作品)

リュートとウードの音楽が、
ヨーロッパの美しい自然や歴史的な建物の
ハイビジョン映像と相まって、
美の世界を作り出します。

YouTubeでもご覧になれます(コマーシャルを含む)。

1: Morning Star
2: Fairy Tale Forest
3: Mother of Pearl
4: Notre-Dame Retrouvée
5: Falling Leaves
6: Promenade in the Snow Forest
7: Illimitable
8: Soleil en Provence
9: Inori - Prayer

ご注文はこちらから

OFFICIAL STORE  official_store

戻る

 

 

All rights reserved. ©2016 Naochika Sogabe

legal notice